ホーム>感動葬儀ブログ>2015年5月

2015年5月

一流の葬儀社とはどんな葬儀社なのか

こんにちわ。格安葬儀の武蔵野 心愛セレモニーです。

さて、今回は一流の葬儀社とはどんな葬儀社なのか?と言うところです。
なぜ、この話なのかと言うと、Facebookの交流の場所である方がメッセンジャーの中でおっしゃっていたことです。私がその方にご葬儀のお見積りをお出しして、返信があった内容の中にあった一文になります。その方は、一般の方も加入出来る福利厚生の中の葬儀社を引き合いに出して、式場使用料が40,000円・基本セットが250,000円と言って担当の葬儀社は一流のところです。と仰っておりました。恐らく、わざと当社に見積りを出させて、この事を言いたかったのかと思います。その方も福利厚生に加入しておりますから、わざわざ当社に見積りを出してもらう必要がないのですから。

では一流の葬儀社と言いますが、どんな葬儀社が一流なのでしょうか?葬儀式場をいくつも持っている葬儀社が一流でしょうか?それとも多くの従業員を抱えていると一流でしょうか?葬儀式場をいくつもあったり、多くの従業員を抱えていると見た目は一流に見えるかもしれません。ただ、埼玉で大手の互助会で前にも書きましたが、遺体の取り違いが発生致しました。この葬儀社も一流です。ですが、取り返しのつかないミスを犯しました。これが一流なのでしょうか?その葬儀社は昔私も居ました。その時.、亡くなられた方がいて搬送後にお打合せをしようとしたところ、その時は出来ず一旦会社に戻る事になりました。その後会社から連絡があり、お客様からのクレームが入りました。内容は『上から目線でため口で気分が悪くなる。態度が悪い』と言うものでした。その葬儀社は大手ですので会社は一流です。ですが、これが一流でしょうか?私は考える本当の一流とは、心の底から故人様を想い、ご家族の方を考えたお打合せができ、お客様にあった費用やプランを提案できる事が本当の一流ではないでしょうか?皆様はどう、思いますか?単に会社が大きくてもそこで働く人材が心からお客様の事を想わないと、三流だと思います。

私はこの方が何をもって一流と考えているのか疑問に感じました。あくまで私の見解です。

良いお葬式とは・・・・。

おはようございます。八潮市大曽根の葬儀社 武蔵野 心愛セレモニーです。

今日は天気が良くて気持ちのいい朝を迎えましたね。そして、ジメッとする夏に少しづつ近づいております。体調に気を付けてお過ごしください。

 さて、本日は『良いお葬式とは何か?』と言う事を私なりの考えを書きたいと思います。
私が考える良いお葬式とは何かを考えたときに、故人様の事を考えたご葬儀、そしてご遺族様の事も考えたお葬式を執り行う事だと思います。では具体的にどういうことなのか?

 故人様の事を考えたお葬式とは、生前どのような方だったのかを想い出してどういう祭壇で飾ってあげたら良いのか?そしてお付き合いのある方を呼ぶべきなのか?そして、故人様がどの様な形式でお葬式をご希望されていたのか?と言うところだと思います。
 祭壇は故人様がお花が生前お好きでしたら、綺麗な色鮮やかなお花の祭壇で送って差し上げるのもよろしいかと思います。お花に囲まれて天へと昇りご遺族の事を見守り続ける事になります。
 友人関係は呼ぶのか?は生前、お付き合いのある方をお呼びして見送って欲しいと願っていればご友人関係等は及びした方がよろしいかと思います。
 そして、お葬式の形式はどうするか?ですが、家族葬・直送・一般葬と大きく分けてこの分類に分けられます。

ご遺族の方にとって良いお葬式とは?

ご遺族にとって、色々考える事もあるかと思います。お金をかけてご葬儀を行うのも確かに見た目は良いお葬式だと思います。しかし、本当の良いお葬式はご家族や、ご親戚の方、ご参列頂いた方が心から感謝のお気持ちを胸に送って差し上げる事だと思います。お金だけでは測れないセレモニーだと思います。仮に直送で送って差し上げても故人様に対しご家族の方が心から送ってあげれば故人様も安心して天に召されるかと思います。
逆に、300万円のお葬式費用をかけても、ご家族やご親戚の間で、問題があれば故人様も安心できないかと思います。こういう話を聞いたことがあります。〘いざ、ご火葬が始まりお待ちいただく間、遺産関係でご親戚とご家族が大モメしたという話を聞きました〙これに皆様はどう、思いますか?故人様はどう思うでしょうか?とても悲しいことだと思います。本当に故人様が大事ならそういう事は起こらないと思います。

人によって考え方はあるかと思います。私が書いた事が正しいとは思いませんが、送る際は心から故人様の事を考えてお葬式を執り行って下さい。

宮城県の地震

おはようございます。八潮市の葬儀社武蔵野 心愛セレモニーです。

 今日、午前6時13分頃、宮城県沖でM6.6(震度5強、花巻市)の地震がありました。まだ、早朝と言う事もあり、活動している方もいらっしゃるかと思います。しかし、まだお休みの方もいらしゃったかと思います。これから、まだ余震もおこるかと思います。お住まいの方は不安な日をお過ごしになるかと思います。最近、世界でもネパールで地震がおきました。ここのところ地球が騒がしくなってきているような感じが致します。関東・南海トラフと予断を許さない巨大地震が発生する可能性があります。一人一人の備えが必要になってくるかと思います。

大曽根の葬儀社、武蔵野 心愛セレモニーです。

 本日、16時5分頃、またネパールと中国の境目で地震が発生してしまいました。また、甚大な被害が出たんではないでしょうか?前回の地震でも甚大な被害が出て、死者の数も多くなっております。いまだ農村部では被害の状況が把握しきれていないかと思います。この地震は日本でもしっかりと受け止めなくてはいけません。国は違えど、人の命の重さは同じだと思います。
 そして、日本でも巨大地震が起きる可能性がある個所が多数あります。その日が来るその日の為に再度一人一人が考えなくてはいけません。何かがあってからでは遅いのです。皆様ももう一度考えてみてはいかがでしょうか?

ネパール及び、その近隣諸国で被害に遭われた方の一日も早い復興と、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

格安葬儀の武蔵野 心愛セレモニーです。

こんにちわ。今日はご葬儀の中の未練断ちいついて書きたいと思います。

 未練断ちとは、お別れが終わりいよいよ、ご出棺というときに霊柩車がクラクションを鳴らす際、後方で生前故人様がお使いになられていたお茶碗を割る行為です。
 この行為は、亡くなられた方への未練を断ち、しっかりと成仏して頂くことを願う行為になります。こうすることにより、故人様はこの世への未練を断ってお浄土へと旅立たれます。残された方も悲しみを断って成仏を願います。ただ、未練は断ちますが故人様の事はしっかりと胸に刻み付けて忘れない事が重要です。関西の方では今でも行われていることだと思いますが、関東ではその行為はほとんど、行われておりません。では、未練断ちはどうするかと言うと、ご家族様がご葬儀終了後にご自身で割って頂くか、もしくはそのまま残して頂き、遺品として残す方もいらっしゃいます。

優しい葬儀社 武蔵野 心愛セレモニーです。

 今日でゴールデンウィークも終わりますね。昨日から高速も混み始めてきてますね。そして、交通事故もおこってますね。テレビで観ましたが、高速で多重事故がおきて亡くなられた方が出た模様です。楽しいゴールデンウィークを最後まで楽しむには事故や車の故障によるトラブルをおこさない事だと思います。特に事故は楽しい一時が、悲しい時間に変わる事もあります。皆さん気持ちを引き締めて残りのゴールデンウィークを楽しんで下さい。

こんにちわ。大曽根の葬儀社 武蔵野 心愛セレモニーです。

 今日も暑いですね。明け方は場所によってかなり濃い霧が出て、視界が悪くなっていました。今日から本格的なゴールデンウィークが始まりましたが、事故などが増えてくるかと思います。事故渋滞と帰省の渋滞で皆さんイライラしないようにしてください。イライラして事故を起こすと更に遅くなります。お気を付け下さい。

 そして、今日の夜中の3時頃、車道のど真ん中をフラフラと女性が歩いていました。スピードを出して居ないのでかろうじて存在を確認して避けましたが非常に怖かったです。こういう事もありますので、皆さんもスピードの出し過ぎにはお気を付け下さい。