ホーム>感動葬儀ブログ

感動葬儀ブログ

八潮市の葬儀社としての責任

こんばんわ。武蔵野 心愛セレモニーです。

 今回は4月18日(土)の埼玉新聞の『住みやすさ№1のまち』めざして八潮市の広告欄に地域貢献するにあたり掲載させて頂きました。
日頃お世話になっております、八潮市に貢献するために掲載しております。住みやすく、人に優しい街になっていくようになっていくことを望んでいます。八潮駅の所に公園も出来上がり地域の方のコミュニケーション場が増えていくのは良い事だと思います。そして、八潮市の人口も増えていき活気ある街になって欲しいと思います。

 

2015422174054.JPG  2015422174134.JPG

八潮市の葬儀社 武蔵野 心愛セレモニーです

今日はお天気にも良く気持ちのいい一日になりましたね。

 ここのところ、寒暖の差がかなり激しく、つい最近では雪もチラつきましたね。こういう時は風邪を引きやすくなり、そしてそこから色々な病気にもなりがちですので健康にはお気を付け下さい。

 今日は、Facebookでもお世話になっております、八潮ナビで知り合いました方にお会いしました。まずは八潮のマルエツの2階にあります、100円ショップ FLET´Sさんに買い物に行きました。品ぞろえも豊富でとても良かったです!それにお子様連れなら同じところにゲームコーナーもありますので遊ぶことも出来ます!とても良いところです!

 そして、そこから近くにある、つるみ製菓さんにいってきました。そこで大福を購入してきました!とても話しやすいお店の人でホッとできるお店です!味もとても美味しくてまた、行きたくなるお店だと思いました。八潮市もとてもいい方がいらっしゃいましのでこの交流を深めていきたいと思います。

互助会と会員制度について

今日は久しぶりの晴れですね!

八潮市の葬儀社 武蔵野 心愛セレモニーです。

さて今回は、互助会と会員制度について書きたいと思います。

<互助会制度>

 互助会制度は大体が大手の冠婚葬祭サービスを行っている会社がしている制度です。では、互助会とは何なんでしょうか?
 互助会とは会員になったお客様より月に会費を納めて頂き、冠婚や葬祭の時に使用できるサービスになります。でははたして、互助会はお得なのでしょうか?私はこの業界に飛び込んだのはやはり互助会のサービスをしています葬儀社でした。その際に度々あったクレーム(私がいた会社)は『互助会に入って会費を支払えば万が一の時に費用は掛からずに葬儀があげられると思った』と言う内容が多いかと思います。実際に互助会に勧誘するのは殆どが専門の営業さんが行っております。その為、入会させることを目的としておりますので人によってはしっかりと説明をしないまま会員にしてしまう事もあったようです。そしていざお葬式が発生してしまって時は勿論お願いすることになるわけですが、ここでまた落とし穴があります。搬送してご自宅や式場にご安置をした後にお打合せに入るわけですが、打ち合わせ担当者は『互助会で〇〇だけ納めてます。ですので、1つ上のランクに祭壇をグレードアップしても持ち出しは少なくて済みますよ』と言ってきます。

 ここで皆さはお気づきですか?持ち出しが少ないと言ってますよね?でも、よく考えて下さい。会費を払っているわけですから、あらかじめ持ち出しをしていたわけですよね?と言う事は、倍の金額を支払うという事です!!!!錯覚を利用した方法ですよね。これは大変な出費になります!!このように、互助会制度は費用が高くなるように誘導していくわけです!!非常に怖いですね!!

それでは会員制度はどうでしょうか?

<会員制度>

会員制度はは主に地域の中小の葬儀社が行っている制度です。だいたいの葬儀社が大手に対抗しているものだと思います。
当社も行っておりますが。では仕組みはどうでしょうか?
 概ね互助会と同じで、月会費を取って運営しております。(中には入会金を取るところもあるようです。)そして割引サービスやプレゼント等でお得なお葬式をあげられるようにしております。
でも、ちょっと考えて下さい。実際にお得なのでしょうか?そうでは無いと思います。なぜなら、会費を納めている以上、サービスを受けるのにあたって前もってその分の支払いをしているのではないでしょうか?例えば割引なら、少しくらいなら必ず出来るはずですし、その他のサービスでも利益を薄くすれば出来る事なのです。要は利益を削らずにお客様から頂いた会費でサービスをしているのです!!!それはお客様が事前にサービスを買っていることではないでしょうか?これが会費や入会金などがなく、全くの無料ならお客さは無料でサービスを得ているわけなんですが・・・。確かに事業をしているわけですから利益は大事です。それは解ります!ですがお客様にサービスを提供しているのではなく買ってもらう事はサービスではないのではないでしょうか?

 皆様はどうお考えになるでしょうか?そして、これはあくまでも私個人が考えている事です。考える方によって様々な意見やお考えがあるかと思いますので、そこに関しては皆様の判断に委ねられます。ご了承ください。

 そして当社も会員制度を行っております。完全に無料の【心の絆】と言う会員制度です。費用などは一切頂いておりません。それは上記に書いた通り、費用を取ったら本当のサービスだとは思わないからです!!!!

遺影写真について

大曽根の葬儀社 武蔵野 心愛セレモニーです。

今日はどんな写真が遺影写真に向いているかをお話したいと思います。

 遺影写真は故人様を祭壇やご自宅に飾るものです。その為出来たら鮮やかに、そして鮮明な写真にしておきたいものです。では、どういった写真が良いのか?と言う事です。

 皆様のご自宅にも写真は数多くあるかと思います。その中でどんな写真を選べば綺麗な写真になるかと言うと、一番良いのはプロに撮ってもらったものが良いと思います。旅行などで集合写真を撮ったものとかですね。ただ顔が小さいものは引き伸ばす為大きくなったとき荒くなる可能性があります。写真の中でどの位の大きさなら良いのか?基本的には、写真の中で顔が親指の大きさ位あって、ピントが合っていれば引き伸ばしても概ね大丈夫だと思います。

あとはそのままの衣服にするかそれとも合成して着替えさせるかと言う事です。

 

皆様お判りいただけたでしょうか?

優しい葬儀社 武蔵野 心愛セレモニーです

今週は雨の日が多いみたいですね!風邪など体にはお気を付け下さい。

 当社にもお問合せが多数寄せられておりますが、つい最近も草加市の方より事前相談があり、万が一の時はお願いしたいとお言葉を頂きました。
そのお言葉は非常に重いもので、お客様より信頼されてのお言葉で、非常に重要な事だと思います。武蔵野 心愛セレモニーとして更にがんばっていきたいと思っております。

Facebookで『八潮ナビ』・『八潮をおもしろくする会』に登録いたしております。八潮市・草加市での交流をもっと考えて、葬儀社を身近な存在にしていきたいと思います。

八潮市老人クラブ連合会だより

 八潮市老人会の『きらめき』という新聞に協賛させて頂き、広告を掲載させて頂きました。当社も地域にもっと密着し、元気なお年寄りを応援するために協賛しております。こちらは八潮市の老人会に配られ、元気なお年寄りの活動等が載っております。私は葬儀社ですが、もっと長生きをして頂きたく思います。当社は大曽根の会社ですので、大曽根の老人会の活動報告の下段に掲載させて頂いております。こちらをお持ちの方は元気なお年寄りの現状の活動を是非ご覧ください。

 

201533116495.JPG 2015331164957.JPG 201533116510.JPG

事前相談がなぜ必要なのか?

気持ちのこもった葬儀社 武蔵野 心愛セレモニーです。

 なぜ、事前相談が必要なのか、ご説明させて頂きます。事前相談をしないまま、『ある日突然お身内の方が亡くなったら。まずは病院から搬送以来を看護師より指示されます。そして時間がかかると必要に急かされます。そうすると病院の紹介葬儀社に必然的に搬送してもらい、その葬儀社でご葬儀が発生致します。そうするとどうなるか?高い葬儀費用が発生致します。なぜかと言うと、一般には知られていませんが病院に入っている葬儀社は謝礼として病院に費用が発生しております。その費用がお客様の葬儀費用に加算されてきますので高くなります。』

 事前相談をしていると?『病院の紹介で葬儀社を依頼しなくなります。その為病院には謝礼の支払いが発生しません。ですので葬儀費用が安くなります。』しかし、ご葬儀の内容は基本的には変わりません。皆様は同じご葬儀なら高い葬儀社と安い葬儀社のどちらをお選びになりますか?

 簡単ですよね!!同じ内容なら安い葬儀社のが断然良いですよね!!!ご葬儀後もお金はかなり必要になります。その為、抑えれるところでは押さえておきたいですよね!!!

このような事から、事前相談は非常に重要になってきます!!

八潮市の葬儀社 武蔵野 心愛セレモニーです

 まもなく3月も終わり今年度も終わりますね。年度末と言う事もあり、かなり事故が増えております。特に高速で事故を起こすと多重事故になる恐れがありますので運転には十分お気を付け下さい。

 当社の自己紹介もかねて設立経緯などを書かせて頂きます。当社は、八潮市に葬儀社を営んでおります。まだまだ、若輩で自営業と言う立場で行っております。しかし、お客様を想う気持ちは大手にも負けない自信があります。特に費用面ではかなりお安くしております。私が独立した経緯には、最近の経済情勢の中でご葬儀費用が高い感じを抱き、どのような方でもしっかりとお葬式をあげてご供養して頂けるように、既存の葬儀社では比較的費用をかけれる方しか大切にしていない状況があったため独立致しました。特に埼玉では大きな互助会に居た時に打ち合わせをし終わった後に『金がねえなぁ!』と言う様な事を言っていたことに疑問を感じました。そこを辞めて松伏にある葬儀社に入社して少ししてから事前相談で打ち合わせに行って終わった後にそこの社長から言われたんが『事前相談なんだから高く見積もっても良いんだ』との言葉にまた疑問をもちました。私が目指している葬儀社と遠くかけ離れていることに気づきました。私は少しでも多くの方に普通のご葬儀を行って頂き、しっかりと気持ちのこもった送り方をしていただきたかったのです。その為独立した時に、とにかく安い葬儀費用をめざしました。周りの葬儀社の兼ね合いもありますので基本設定の価格はありますが、ご連絡を頂ければお客様のご希望の価格に出来るだけ近づけた費用を実現したいと思っております。その為には一度当社にご相談頂きたく思います。ご相談したからと言って当社に絶対に頼まなくてはいけないわけではないので軽い気持ちでも良いのでご連絡下さい。他社より確実にお安くお葬式をあげれます。

天寿をまっとうするとは・・・。

こんにちわ。武蔵野心愛 セレモニーです。八潮市の大曽根で葬儀社を営んでいます。

 タイトルの『天寿をまっとうする』とはちょっと前に何かで見聞きしたことがありました。その方は天寿をまっとうするという事は、天が人に対して寿命を決めている的な事をおっしゃっていました。例えば、『寿命が来て老衰で亡くなる方は勿論、事故や災害、又は事件に巻き込まれて亡くなる方も天からの決められたものなので事故や事件・災害で亡くなった方も天寿をまっとうした事になる。』と言われていました。

 はたしてそれが本当に天寿をまっとうした事になるのでしょうか?私は識者でもないので正しいのか、間違っているのかは解りませんが、私なりの見解はそうではないと思います。確かに寿命がきて老衰で亡くなる方は天寿をまっとうした事になるかと思います。しかし、事件や事故・災害などで犠牲になられた方は、これからの人生を無慈悲に奪われたわけですから、無念の気持ちがあったのではないでしょうか?確かに運命と言うものは存在するかもしれません。しかし、人の死に対してそれを運命だからとしていいはずはありません。地震・津波による被害者、事件に巻き込まれる被害者、その方たちはその場所で亡くなっていい命ではありません。これからの人生を、苦しいことも楽しい事も全て奪われたわけですから。私も含めて納得のいくまで生き抜いてこそ天寿をまっとうした事になると思います。

私なりの見解でしたが、勿論いろいろな意見があるかと思います。

 そして、今回チュニジアの美術館で日本人も含む多くの方が犠牲になられました。又してもテロがおきて犠牲者がでてしまいました。早く、テロによる犠牲者が無くなる事を祈ります。そしてチュニジアの美術館で犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。

オウム真理教によるテロ行為

 今日でオウム真理教によるテロ行為、地下鉄サリン事件から20年がたちました。あのようなテロ行為は二度とおこしてはいけません。あの事件で未だに苦しんでいる方が沢山いらっしゃいます。通勤時間と言う事もあり沢山の被害者が出てしましました。いまだに体の自由がきかない不自由な生活を強いられている方も沢山います。あの事件は世界でも稀にみる事件でした。被害者家族・そして被害者には忘れることの出来ない記憶か焼きついてしまいました。決して私たちも忘れてはいけないことです。これからの未来でもこの日本でテロはおこしてはいけません。そして、今も信者が増えていっている模様です。そして、今も当時とかわらない行動をしております。日本は宗教の自由があり入信することは何も悪くありません。このまま何もなく穏やかに活動していって欲しいものです。

そして地下鉄サリン事件で被害に遭われた方・お亡くなりになられたかのご冥福をお祈りいたします。

 

2015320173420.jpg 2015320173449.jpg